2017年07月31日

夏バージョン

一生懸命伸ばして、ショーカットにでもしようかと思っていましたが
こうも暑いあせあせ(飛び散る汗)と虐待のような気がしてきてふらふら
ショーに出る予定があるわけでもないので、すっきり夏バージョンにしてみました。

ここまで書いて、何の話か。。。主題書いてありませんわーい(嬉しい顔)

一目瞭然、写真見てください。


DSC_2009.jpg

暑苦しいそうでしょexclamation&question

そして、夏晴れバージョンexclamation×2



DSC_0235.JPG

とっても素敵にカットしてもらいました。
おなかの黒ハートがとってもキュートでしょるんるん
みんなにかわいいー(長音記号1)ぴかぴか(新しい)大好評!
素敵なカットをすると、暑い夏の散歩も少し楽しくなりますわーい(嬉しい顔)

先日の蓮の花。
満開を過ぎましたもうやだ〜(悲しい顔)
季節の移り変わりは早いですね。


DSC_0286.JPG
7月28日撮影


DSC_0290.JPG
7月31日撮影

ピンクの花の色も薄くなり、花びらが落ちてきたので花の数も減ってきました。
見頃は過ぎたかな〜。


訃報
診察室にちょこちょこ出てくるのでたくさんの皆さんが会ったことがあると思いますが、ミックスが7月8日永眠いたしました。
ここ2〜3年調子が悪いこともあり、ドライフードは全く食べられず頑張っていました。
若い頃は自分で生んだわけでない子猫をたくさん育て上げ、立派な肝っ玉母さんでした。
年をとってからは診察室に出てきては皆さんにかわいがってもらい、本当に幸せな猫でした。
本当にありがとうございました。


DSC_7127.JPG
今頃、天国でも2匹仲良くやっているんじゃないかな?


P1010021.JPG
若かりし頃のミックス。きれいでしょ?
posted by えびなペットクリニック at 11:03| Comment(0) | 日記

2017年07月21日

蓮の花の季節です

いよいよ、梅雨も明け夏本番ふらふらあせあせ(飛び散る汗)

梅雨と言っても、じめじめ感はなく雨が降っても真夏のスコールのような雨雨雷
各地で大きな被害が出て、今でも避難生活を余儀なくされている方がいます。
心よりお見舞い申し上げます。

梅雨らしい梅雨は来なくても、季節は移り変わりダッシュ(走り出すさま)
そして今年も蓮の花が咲き始めましたわーい(嬉しい顔)



DSC_0259.JPG
7月20日撮影


DSC_0261.JPG
7月21日撮影

同じお花を撮って見ました。1日で結構開いてきます目


DSC_0260.JPG

沢山つぼみがありましたexclamation朝のお散歩の時にちょくちょく寄ってみようと思いまするんるん








posted by えびなペットクリニック at 18:20| Comment(0) | 日記

2017年07月10日

たんたん の紹介

前回のこたつ&いろり に続き、病院猫の紹介です

その前に、ひとつご報告が・・・
以前紹介した猫のこたつですが、 2016年6月14日 に急性腎不全で永眠いたしました。
6月の初めに様子がおかしくなってから、あっという間の事でした。

早いもので、こたつが居なくなってからすでに1年以上経ちました。
ほぼ毎日顔を合わせていたので、犬舎のどこを見てもこたつの姿が見えないことを、今でもとても寂しく思います。


ブログに載せてから、数人の方に こたつ&いろりの話題を振って頂きました

気にかけて下さった皆様、ありがとうございました猫

DSC_7573.JPG

元気な頃の こたつ です。休診日には人用のイスに陣取って、スタッフのセーターをこねくりまわしていました





今回は病院猫の「たんたん」の紹介です。
2006年の9月に負傷猫として来ました。
交通事故にあったようで、背骨が折れており、何とか自力で歩くことはできますが、お外では暮らせないということでそのまま病院に住むことになりました。

img024.jpg

一応歩けますが、かかと部分を引きずって血が出てしまうので、病院内をお散歩するときは足に包帯を巻いています。
たんたんはお返事上手なので、たまーに院内をウロウロしている時に声をかけてもらうと、お返事をしてくれると思います揺れるハート


えびなペットクリニックでは、13:00〜16:00の時間は休診時間になっています。
この時間は、手術や検査などのお仕事がメインになります。
病院の猫たちは、患者さんが来ないこの時間は入り口のカギをかけて、ひなたぼっこしたりしています。

DSC_8234.JPG


DSC_8273.JPG

DSC_8268.JPG


DSC_8259.JPG

DSC_8279.JPG

真夏の昼下がりのお昼寝&ひなたぼっこ


暑くなると、冷たい床やダンボールに移動します猫DSC_8284.JPG

DSC_8285.JPG


IMGP2495.JPG


たんたんの名前の由来は、よく舌を出しっぱなしにしているので、『舌』から来ました(*´∀`*)
ニャーと鳴いた後や、毛づくろいの途中で声をかけたときに見ると、かなりの高確率でベロが出ています。
舌の先だけチロっと出ているときもあれば、なんであれに気づかないんだろう・・・と思うくらい出ている時もあります(*^▽^*)

猫を飼っている方は、猫が舌をしまい忘れている様子を見る機会もあるかと思いますが、なかなか可愛らしい姿ですねるんるん
個体差はあるようで、たんたんではよく見かけるのですが、他の病院猫では舌を出しっぱなしな姿はあまり見ない気がします。

そんなたんたんの肝心な舌を出しっぱなしな写真ですが、あまりに一瞬過ぎていい写真が撮れませんでした・・・(+_+。)

これはだいぶ以前の写真ですが・・・
P4210058.JPG

かわいいのが撮れたら、ブログでも紹介したいと思います(^^)!


posted by えびなペットクリニック at 13:04| Comment(0) | 病院猫