2015年09月25日

血液検査の器械など2

院長です。
先日の血液検査の器械などの続きです。

こちらの器械、Arrows Laser CRP-2というCRP(C-reactive protein)を計測する器械です。

Laser CRP-2

CRPは強い炎症がある場合に増加するタンパク質です。重篤度を推測できます。
当院ではワンちゃんの通常の血液検査で常に計測しています。しかし残念ながらネコちゃんの場合は炎症の指標としては使えません。

次に、Wako COAG2NVです。

COAG2NV

血液凝固に異常が無いかを調べます。
出血を伴う手術の前や、出血傾向がある疾患の診断に使います。またCRPでは炎症の程度を診ることが出来ないネコちゃんの場合、フィブリン(Fib)を計測し指標として利用できます。

次は顕微鏡。オリンパス BX43です。

オリンパスBX43

当院では血液検査の際に血液塗抹標本を作製し、白血球や赤血球の形態、白血球分類を行って診断に活用しています。実際に顕微鏡で観察してみると血球計算装置の結果と異なる場合があります。器械任せではなく人がちゃんと観察しなければいけないんだなぁーと実感する瞬間です。
対物レンズはカバーグラス不要の4倍、10倍、20倍、カバーグラスが必要な40倍と100倍の油浸レンズが装備されています。


posted by えびなペットクリニック at 18:37| Comment(0) | 院内機器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: