2019年01月10日

ご報告

以前こちらのコーナーで紹介いたしました、猫猫「さくら」が1月7日永眠いたしました。享年17才10ヶ月でした。

さくらは2〜3ヶ月齢のまだまだ仔猫の時に道ばたでうずくまっていると言う通報があり、
保健所からの依頼で当院に来ました。
その時には既に背骨が折れていて、下半身不随の状態でした。
後肢は全く動かず、排尿も自分では出来ない状態でした。
17年10ヶ月の間1日も欠かさず、朝晩2回膀胱を圧迫して排尿させていました。
とても恐がりな性格で、知らない人の前には一切出て行くことはありませんでした。

晩年は心臓と腎臓を患いお薬も欠かせなくなりました。

下半身不随の猫ちゃんでもケアを怠らなければ、きちんと長生きできるということを
私たちに教えてくれました。

「さくら」ありがとう。。。ぴかぴか(新しい)



P1010007.JPG

IMGP2478.JPG

P1010010.JPG
posted by えびなペットクリニック at 18:29| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: