2019年01月26日

ちゃむ の紹介 

病院猫の紹介です
今回は ちゃむ です
目の色がブルーの女の子です
2006年10月、車にひかれて倒れていた所を保護されました
無題.jpg

ちゃむ.jpg


背骨を損傷していて意識も無く、助かるかどうか・・・と言われていましたが、運び込まれて数時間後には意識を取り戻してご飯を食べました猫

強い生命力にとても驚いたことを覚えています(o^^o)

野良猫だったので正確な年齢はわからないのですが、保護された時は生後4〜5ヶ月くらいかと思われます
ごはんをよく食べて、あっという間に大きくなりましたが、体が大きくなって1才を過ぎても、今は亡き病院猫のミックスのおっぱいを吸っていました(^^;)
IMG_2368.JPG
ミックス(左)とちゃむ


IMG_2378.JPG


下半身が麻痺しているので、後ろ足は動かせません
写真のように後ろ足を前に投げ出した状態で、前足のみで移動します

ですが、それ以外はまったく普通の猫で後ろ足が使えない分、前足は強いので、若い頃は爪が引っかけられる所はこのままの姿勢でグイグイ登っていました

体が重くなってからはやらなくなりましたが、若い頃はよくケージなどを登って他の猫のごはんを盗み食いしていましたふらふらたらーっ(汗)


名前の由来は、決まるまでの間は「シャムっぽい子猫」と呼ばれていたので、名前はそこからとって「ちゃむ」になりました黒ハート
最初は、とてもきれいな目の色だったので、横文字の名前にしよう!と色々みんなで考えていたのですが、シンプルな名前に落ち着き、かわいくて呼びやすいので良かったかなと今では思っています(^_^)

よく、診察室のまわりをウロウロしていたので、見たことがあるという方も多いと思います


IMGP2472.JPG
ちゃむ と たんたん(右)
IMGP2473.JPG

DSC_2813.JPG
休診日の夕方ひなたぼっこ

DSC_5432.JPG

ちゃむは現在、腎臓に腫瘍があり、療養中です...
なかなか厳しい状態ですが、1日1日を大切に過ごしています







posted by えびなペットクリニック at 15:59| Comment(0) | 病院猫

2018年10月08日

もなか の紹介

今回は、病院猫の もなか の紹介です
DSC_2300.JPGDSC_2803.JPG

子ぶた着ぐるみを着るもなか

DSC_2790.JPG



もなかは、2006年に車にひかれたのか、道で倒れているところを保護されました。男の子です。
足に後遺症が残ったため、そのまま病院に住むことになりました
 

もなかの名前の由来は見ての通り、和菓子のモナカっぽい色だからです(*^O^*)

左右の手でも、少し色が違うんですがおいしそうな食パンのような、モナカのような色をしています

性格的には、とても甘えん坊で、人間のひざに乗せてもらうのが大好きですハートたち(複数ハート)
構ってほしくて降ろされても、めげずに何度でも乗ってきます猫どんっ(衝撃)



よく受付のあたりにいるので、会計の時などに遭遇する確率が高いと思います(最近は人間の椅子がお気に入りで、ほとんど1日中そこにいたりしますたらーっ(汗))


DSC_2798.JPG

干したての洗濯物に包まれることも大好きです

P9030066.JPG

もなか.jpg

DSC_2290.JPG

DSC_2297.JPG

洗濯物をたたんでいると、高確率でもぐり込んできます(^−^*)あせあせ(飛び散る汗)

posted by えびなペットクリニック at 13:05| Comment(0) | 病院猫

2017年07月10日

たんたん の紹介

前回のこたつ&いろり に続き、病院猫の紹介です

その前に、ひとつご報告が・・・
以前紹介した猫のこたつですが、 2016年6月14日 に急性腎不全で永眠いたしました。
6月の初めに様子がおかしくなってから、あっという間の事でした。

早いもので、こたつが居なくなってからすでに1年以上経ちました。
ほぼ毎日顔を合わせていたので、犬舎のどこを見てもこたつの姿が見えないことを、今でもとても寂しく思います。


ブログに載せてから、数人の方に こたつ&いろりの話題を振って頂きました

気にかけて下さった皆様、ありがとうございました猫

DSC_7573.JPG

元気な頃の こたつ です。休診日には人用のイスに陣取って、スタッフのセーターをこねくりまわしていました





今回は病院猫の「たんたん」の紹介です。
2006年の9月に負傷猫として来ました。
交通事故にあったようで、背骨が折れており、何とか自力で歩くことはできますが、お外では暮らせないということでそのまま病院に住むことになりました。

img024.jpg

一応歩けますが、かかと部分を引きずって血が出てしまうので、病院内をお散歩するときは足に包帯を巻いています。
たんたんはお返事上手なので、たまーに院内をウロウロしている時に声をかけてもらうと、お返事をしてくれると思います揺れるハート


えびなペットクリニックでは、13:00〜16:00の時間は休診時間になっています。
この時間は、手術や検査などのお仕事がメインになります。
病院の猫たちは、患者さんが来ないこの時間は入り口のカギをかけて、ひなたぼっこしたりしています。

DSC_8234.JPG


DSC_8273.JPG

DSC_8268.JPG


DSC_8259.JPG

DSC_8279.JPG

真夏の昼下がりのお昼寝&ひなたぼっこ


暑くなると、冷たい床やダンボールに移動します猫DSC_8284.JPG

DSC_8285.JPG


IMGP2495.JPG


たんたんの名前の由来は、よく舌を出しっぱなしにしているので、『舌』から来ました(*´∀`*)
ニャーと鳴いた後や、毛づくろいの途中で声をかけたときに見ると、かなりの高確率でベロが出ています。
舌の先だけチロっと出ているときもあれば、なんであれに気づかないんだろう・・・と思うくらい出ている時もあります(*^▽^*)

猫を飼っている方は、猫が舌をしまい忘れている様子を見る機会もあるかと思いますが、なかなか可愛らしい姿ですねるんるん
個体差はあるようで、たんたんではよく見かけるのですが、他の病院猫では舌を出しっぱなしな姿はあまり見ない気がします。

そんなたんたんの肝心な舌を出しっぱなしな写真ですが、あまりに一瞬過ぎていい写真が撮れませんでした・・・(+_+。)

これはだいぶ以前の写真ですが・・・
P4210058.JPG

かわいいのが撮れたら、ブログでも紹介したいと思います(^^)!


posted by えびなペットクリニック at 13:04| Comment(0) | 病院猫